よいぼしのなぎうた

占い師+癒やし屋のkinaが日々のつれづれなことを時には真面目に、時には楽しく書いていきます。

年末年始のご利用について

よいぼしのなぎうたSTORESのトップ画面でも告知しておりますが、年末年始は特にお休みをいただかずにリーディングのご依頼を承っております。

ただ、対応がいつもより遅くなるかと思います。
特にペンデュラムを使うリーディングの守護天使調べ・気になる誰かとの課題調べ・ライフリーディング、それからガイアストーンヒーリングは結果のお返事までにお時間をいただいてしまいます。

急いで結果を知りたい方は、12/25までか、1/5以降のご利用をお勧めします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

そだ。TRINITYさんのWebマガジンで、kinaのコラムが2個掲載されました。

www.el-aura.com

リーディングした限り、2018年は意外と良い年になる感じがしました。
戦争が起こっても影響は限定的…と。
当たればいいな、このリーディング^_^;

それと

www.el-aura.com

はっきり言って、水星の逆行より「使えるお掃除アイテムの紹介」がメインになっているという記事^_^;
重曹は使えます(ぉぃ)。

ぜひご覧いただけたらと思います。

ただ今楽天ポイント3倍キャンペーン実施中♪

f:id:iosia-sole:20171214211950p:plain

 

先月から新たに「楽天ペイ」でのお支払いが可能になった「よいぼしのなぎうたSTORES」。

STORESさんが今回、楽天ペイでお支払い開始記念として、楽天ペイでお支払いいただいたお客様に楽天ポイントを3倍付与するキャンペーンを実施しました。
ぱちぱちぱち。
楽天ペイをご利用いただけるなら、最低利用金額などの縛りはありません。

12/27の23:59までの期間限定になりますが、楽天ペイをご利用の方はぜひこのチャンスにkinaのリーディングやヒーリングで楽天ポイントを獲得してくださいませ(*^^*)。

これからも少しずつお客様にとってオトクなものを使っていきたいと思いますので、使えるものはお気軽に使って下さい。

楽天ペイでのお支払いが可能になりました!

いつも「よいぼしのなぎうた」をご利用いただいて、どうもありがとうございます。

よいぼしのなぎうたSTORES」ですが、楽天ペイでのお支払いも可能になりました。

単に、STORESさんで利用できる決済方法が増えているだけのお話なのですが、必然的に「よいぼしのなぎうた」でも利用できる決済幅が増えているということですし、「自分のサイトがここまで手広くなったのか…」と思うと、少し複雑な心境だったりします。
「占いをご依頼するサイト」としては、相当異色ですもんね^_^;

そして、そんなkinaに協力してくれるのがSTORESさんだったり、税務署だったり…何かが色々間違っている気が相当する。

…というわけで、異色なリーディングやヒーリングを提供する「よいぼしのなぎうた」をこれからもよろしくお願いします。

 

あと、またもやTRINITYさんでkinaのコラムが掲載されました。
といっても、以前の記事「TPPと海のシルクロード」の話に加筆したものです。
こちらもよろしければ御覧ください。

www.el-aura.com

TPPという「海のシルクロード」

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)がいよいよ大詰めを迎えてきましたね。

最初はどうなることかと思いましたが、アメリカが抜け、今またカナダも抜けそうな雰囲気で、中韓はTPPに入らず…ですね。

参加するのはベトナムブルネイ・ペルー・チリ・オーストラリア・ニュージーランドシンガポール・マレーシアそして日本…あれ、これってものの見事にレムリア文化圏じゃないの?という超古代文明マニアの戯言はさておき、kinaは古代の「海のシルクロード」を連想してしまいました。

シルクロードといえば陸路をイメージしてしまいますが、陸路のシルクロードが発展したのはイスラム文化が出来てからのお話で、それ以前のローマと中国を結ぶ重要な航路は海路だったんです。

中国(当時は唐だったはず)の主要な輸出品はシルク、だから「シルクロード」と言われていたんです。

さて、海の上では人間の力なんて無力なもので、奪い奪われることよりもお互いがお互いを助け合うことが重要視されると言われています。
そんなわけで、現代版海のシルクロードには、富を集中させる意図が強い中共よりも、お互いがお互いを助け合う気持ちを大切にする海洋民族日本がリードしていくのは理の当然かもしれません。

もうひとつkinaが思うのは「大東亜共栄圏の本質がTPPの理念だったんじゃないのか?」ということです。
それを武器ではなく経済で行う…今にして思えば、経済で共存共栄を目指すTPPの方がずっとよろしいかと思います…というか、むしろTPPの方が本来の形に近いんじゃないかと…。

こうしてみたら、アメリカとカナダが抜けるのも当然だったかもしれませんね。