よいぼしのなぎうた

占い師+癒やし屋のkinaが日々のつれづれなことを時には真面目に、時には楽しく書いていきます。

個人的憲法9条&軍縮論議

北朝鮮有事が現実味を帯びている今、憲法9条改正論議もヒートアップしている昨今。

個人的に強く感じるのは…

金正恩も、こんな時期にミサイル発射しなくても良いのに
発射したら、どうしたって日本に憲法9条改正論者が増えるだけなのに

ということです。
軍隊を持たないように声を上げている民進党社民党共産党の背中を撃ってどうするよ?!と。

もうひとつ、日本の軍縮を考える上で欠かせないのは周辺国の敵意かと思います。

よっぽどのことがなければロシアは侵略よりも経済協力を選ぶでしょうから、問題は中国と北朝鮮と日本を仮想敵国にしていると明言している韓国。
そのうちの韓国に関しては、民進党社民党共産党憲法9条を守りたいと願うマスコミ関係者も完全に戦略を誤っていると思います。
韓国だけが相手なら、日本はかなり軍備の規模を縮小しても問題なし(*^^*)。

だって、韓国の軍備といえば

  • 敵を攻撃する、ゴールキーパーと呼ばれる武器が自軍を攻撃し、レーダーにはゴーストが映り、電源系統を完全に故障させ曳航されるイージス艦「独島」
  • 実質行動時間が19分しかないヘリコプター(これはイギリスから購入したものですが、製品自体の欠陥ではないので名前は伏せます)
  • 水中で迷子になる魚雷
  • 故障率60%を超える複合自動小銃K-11
  • ほんの少しの段差を乗り越えられない戦車
  • ものすごくうるさくて、敵艦にすぐ発見されそうな潜水艦

…などなど。
こういうのを見つけては、毎度笑わせてもらい、かつ「自国の軍需産業がこんなんでなくて良かった」とほっとしますし、「韓国の財源捻出?こんな欠陥品ばかりの武器開発を廃止して、その費用を充てたら良い」なんていう意見に思いっきり同意したくなります^_^;

これで朝鮮戦争が開始されたら、正直他国の介入が無かったら北朝鮮の方が有利なんじゃないかと本気で思ってます。

日本の軍縮を進めたいなら、敵国になりうるであろう戦力を分析して「こういう武器ばっかりの国相手にここまでの軍備は必要と思います?思えます?」と国会で議論し、かつ軍縮を推進するマスコミもこういうことを調べて報道した方が「こんな国相手に軍備を拡張しても意味が無いのでは…」と思う人も増えると思うんですよね〜。
韓国としても、日本の軍備が拡張しない方が安心していられると思うんですよね…もっとも、軍備拡張した方が経済的な負担が大きくなって国力が下がるので、韓国も中国も日本に対して軍備を拡張するように仕向けた方が、本当は自国の発展につながるんですけどね。

どうしてこういう議論も発展しないのかが凄く不思議に思う、kinaの独り言でした^_^;