よいぼしのなぎうた

占い師+癒やし屋のkinaが日々のつれづれなことを時には真面目に、時には楽しく書いていきます。

お買い物上手集団、日本ハムファイターズ^_^;

この間のサッカーの済洲と浦和のことを色々言いたいのはありますが、誰がどう見ても感想は変わらないし、取り上げるだけこちらがむかつくので、あえて野球の話を。

kinaはご贔屓の球団が負けたらイライラしまくるタイプなのでプロ野球はあまり見ませんが、住んでいる地域上北海道日本ハムファイターズ(日ハム)は大好きです(*^^*)。
知名度は少なくとも、良い選手を獲得して大きく育てることが上手な球団だと思っているので、無名の選手が人気になるのは、見ていて楽しいものです。

個人的に強く感じることは…「日ハムってお買い物上手だよな」ってことですね。
そりゃ、巨人でもどこでも、知名度と実力の高い選手をドラフトで選びたがるのは当たり前なのですが、大谷翔平選手の獲得に象徴されるように、あえて他球団が手の出しにくい選手を指名して注目を集め、それが観客動員数につながっているというところがあると思ってます。
大谷の場合は、本来大谷は大リーグへ行きたったのですが、そこに「いきなり大リーグに行っても潰れるよ」という詳細なデータを出して獲得し、さらに大谷が「二刀流」でチームに貢献し、優勝したら大リーグ行きを全面的にバックアップしているんですよね。
大谷のパターンが成功したら、将来的に大リーグに行きたい有望な選手は、日ハムを選ぶことに抵抗がなくなるように思います。

あと…日ハムのお買い物上手なところは「監督選び」にも出ているような気がします。
特に北海道に来てからの日ハムの監督は、実績があったのは梨田さんくらいなもので、栗山監督はあまり実績のない方(ごめんなさい)で、就任の時に不安視する声も大きかったんですが…波はあるもののしっかり結果を出してますよね。
「シンジラレナ〜イ」で一気に有名になったヒルマン監督も、知名度は低いものの良い監督でしたしね。

…というわけで、日ハムはお買い物上手な球団だと思っています。
そういう球団が、もっと活躍してほしいものですね。