よいぼしのなぎうた

占い師+癒やし屋のkinaが日々のつれづれなことを時には真面目に、時には楽しく書いていきます。

ごはん炊きお鍋の不思議な話?!

何というか、スピリチュアルやリーディングにはあまり関係のない不思議な話なんですが…。

kinaはご飯はジオ・プロダクトという無水調理が出来るお鍋で炊いてます。

宮崎製作所(Miyaco)ジオプロダクト片手鍋 GEO-16N

宮崎製作所(Miyaco)ジオプロダクト片手鍋 GEO-16N

 

 本当は土鍋の方が美味しいんでしょうけど、「吹きこぼれないくらいの大きさの土鍋」というとどうしても重くなるし、これだったらご飯炊きはもちろん、焼き芋も作れますから(ぉぃ)。
おかずは、茹で野菜や肉じゃがや焼き芋みたいなのでない限り、普通(?)に鉄鍋を使って作ります。
鉄鍋で作ると微妙に美味しくなるような気がするのと、保温調理をするならジオ・プロダクトより鉄鍋の方が向いているので。

さて、不思議なのは…このお鍋でご飯を炊き始めてから、妙にコンビニやスーパーで出来合いのおかずを買うことが減ったこと。
コンビニやスーパーに出来合いのおかずを買うために行っても、「あ、これなら自分で作っても良いか〜」とばかりに、材料の方を買ってきてしまいます。
もちろん、変な出費も減っていくわけです。

前に日本製の土鍋や某メーカーのステンレス製の鍋でご飯を炊いていたけど、そんな気持ちになったことは一度もなく、さらに一度ジオ・プロダクトではなくて前に使っていた鍋に戻したところ…なぜか出来合いのおかずをやたら買ってしまうという^_^;
「何でジオ・プロダクトを使うとそういう心境の変化が起こるんだろうか…」と、地味に不思議がっているkina。
おかずを作るお鍋が変わって、自分でも美味しいおかずが作れるから出来合いのものを買わない、というのであれば話はわかるのですが、おかずを作るお鍋は変わっていないんですよね。
う〜ん、不思議。

個人的には「鉄鍋で料理を作ると調味料が何故か少なくて済む」よりも不思議な話だと思うんですが、どんなもんでしょうね?